正平調

時計2019/09/21

  • 印刷

長嶋茂雄さんのデビュー戦はよく知られる。4打席連続三振。プロの球速にうなったという。61年も昔の逸話がいまも色あせないで語り継がれる。やっぱり“ミスタープロ野球”である◆4三振を奪ったのは国鉄のエース金田正一さんだった。注目のルーキーをねじ伏せたあとで「長嶋ひとり牛耳ったところでワシの給料は上がりませんよ」、記者たちにそう語ったといわれる。プロの矜持(きょうじ)だろう◆懐かしの球史をひもといて、つわものどもの伝説にしばし浸る。これも新たな歴史に立ち会えたときの楽しみかもしれない。長嶋さんが61年前に打ち立てたシーズン153安打のセ・リーグ新人記録が破られた◆阪神の新人、近本光司外野手がおとといの試合で、154本目のヒットを鮮やかに放った。前日、ミスターの記録に並んだときには「恐縮です」と語っている。まじめでさわやかな人柄が見えて、ほほ笑ましい◆淡路市出身で社高校、関西学院大を経て大阪ガスからドラフト1位で阪神入りしたばりばりの地元の星である。淡路の野球少女の感嘆を本紙で読んだ。「このまちからすごい選手が生まれたことを自慢に思う」◆ふるさとの子どもたちにはもう、伝説のつわものだろう。グラウンドで日に日に輝きを増すその星を仰ぐ。2019・9・21

正平調の最新
もっと見る

天気(10月21日)

  • 24℃
  • 18℃
  • 30%

  • 22℃
  • 12℃
  • 20%

  • 25℃
  • 16℃
  • 50%

  • 24℃
  • 15℃
  • 40%

お知らせ