正平調

時計2019/10/03

  • 印刷

写真は雄弁である。たとえば写真家マルク・リブーの1枚。米国のベトナム反戦集会を兵士の銃がにらむ。その銃口へ若い女性が近づき、1輪の花を差し出す瞬間を撮った。この1枚が平和を願う世論に弾みをつけたと聞く◆銃にまつわる1枚でも、香港から届いた写真には息をのむ。デモの若者へ警官が発砲する一瞬である。銃が生々しい。「命の危険があった」と当局は言うが、催涙弾とはわけが違う。香港は混迷の階段をまた一つ◆過激になる若者たちへの批判の声がある。が、乳母車を押す母親や高齢者もデモに加わっていたと、現地からのリポートで読む。デモのすそ野は広い。写真に映っていないところにも思いをいたしたい1枚だ◆いや、まずはこの人がどう見つめたか聞いてみたい。一昨日が建国70年だった中国の習近平国家主席だ。節目が過ぎ、これから香港を力で…なんてことはないでしょうね◆中国に「100年マラソン」という言い方がある。建国100年となる2049年に世界の最強国、という夢である。米国の国際戦略の専門家、マイケル・ピルズベリーが著書で紹介し、かなり話題になった◆ゴールまで30年。マラソンなら息の上がる地点だが、香港の声には耳を傾けてほしい。懐の深さも強国の器量。2019・10・3

正平調の最新
もっと見る

天気(11月13日)

  • 21℃
  • ---℃
  • 30%

  • 22℃
  • ---℃
  • 40%

  • 21℃
  • ---℃
  • 40%

  • 21℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ