正平調

時計2019/10/24

  • 印刷

伸びる選手はどこかが違う。歩き方だけでも、とプロゴルファー森口祐子さんがテレビ中継の解説で話していた◆大切なことは、リズム良く歩いてリズム良く打っているか。だから初めて宮里藍さんのプレーを見て感心したのは「歩き方のきれいな子だなあ」。見る人が見れば、これだけで「ウーン」なのだ◆19歳のアマ・古江彩佳(あやか)さんがプロを打ち破り、女子ゴルフツアーで優勝した。記事を読んで思い出したのが、森口さんの持論だ。歩き方で見分ける力なんてないが、古江さんの最終18番は素人も「ウーン」である◆2位に差をつけていた。手堅く終わっていいのに、最後まで果敢にピンを攻めて、結局ボギーをたたいてしまった。戦い終えて、彼女はこう言った。「逃げることはしたくなかった」。なんと意志の強いこと◆間もなく「古江プロ」になる。これも森口さんの話だが、プロって何だろうと考えての結論は「勝ち負けにかかわらず、いつも変わらない姿勢で情熱や努力を継続できること」。そんな厳しさが求められる世界だ◆神戸の長田中から滝川第二高。伝えてきた本紙記事の中に小学生大会で優勝した後の一言がある。「昨年は2位。今回は優勝を狙ってた」。それから7年、プロ初勝利の一言を楽しみに待とう。2019・10・24

正平調の最新
もっと見る

天気(12月12日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 9℃
  • ---℃
  • 50%

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

  • 13℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ