正平調

時計2019/11/09

  • 印刷

1本のポプラの木が倒された。3年前の2月である。誰が呼んだか「哲学の木」。何ごとかを考えこむようにやや傾き加減で畑のなかに悠然と立ち、北海道美瑛町の名所として知られた◆老木であったのは確かだが、写真を撮るためなら平気でまわりの畑を踏み荒らすマナー違反の見物客に悩まされたそうだ。木の所有者自ら伐採することを決めたという◆「観光公害」という言葉をこのごろよく耳にするようになった。観光客が激増したことによるトラブル、渋滞などがひどくなり、住民がまいってしまう。世界に共通する問題でオーバーツーリズムとも呼ばれる◆例えば京都が大変だ。外国人客が祇園の芸舞妓(まいこ)をしつこく追いかけていってレンズを向ける。たまりかねた地元は、私道での許可のない撮影は1万円をいただきます-そんな高札を掲げるに至ったと報じられた◆ぞろぞろとカメラをぶら下げ、名所と聞けばシャッターを切りまくる日本人が欧米でやゆの種になった昔があった。公害扱いされる「SNS映え」狙いの怒濤(どとう)の人波に比べればそれも、かわいいものだったろう◆〈清水(きよみず)へ祇園をよぎる桜月夜こよひ逢ふ人みなうつくしき〉。旅人のふるまいもみな美しくあってほしいのにと、与謝野晶子の憂い顔が目に浮かぶ。2019・11・9

正平調の最新
もっと見る

天気(12月14日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 14℃
  • ---℃
  • 50%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ