正平調

時計2020/02/20

  • 印刷

不安、という名のドアをおそるおそる押し開けてみたら、新しい人生が待っていたということだろう。受賞の理由を読んで、そんな思いになった◆豊岡出身の冒険家にちなむ「第24回植村直己冒険賞」に、全盲の岩本光弘さんが選ばれた。53歳。健常者の米国人男性とヨットに乗り、太平洋の無寄港横断を成し遂げた。全盲と聞いて「?」、冒険の中身を知って「!」。記号にすればこうなる◆ペアの男性が風向きなどを伝える。それを聞き、岩本さんが舵(かじ)と帆を操ったという。20年近いヨット歴があるとはいえ、台風並みの低気圧などにほんろうされた54日間だったというから、ただただうなるしかない◆生まれつき弱視だった。16歳で視力を失い、怖くてたまらなかった。しかし身内の励ましを受け、不安のドアを開けてみた。すると、うつむいていた日々が変わった◆盲学校を終えて渡米。米国人女性と結婚し、ヨットを教わり、横断の夢が膨らみ…。今回は古野電気(西宮)も支援した。最新システムがあったから家族も賛成したそうだ。ドアの向こうで待っていたのは出会い◆「こけてもいい。もう一度立ち上がって歩き出そう」。海原を渡りきった直後の言葉である。描かれた航跡は「!!」の記号のようだったかと想像する。2020・2・20

正平調の最新
もっと見る

天気(7月15日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 25℃
  • ---℃
  • 50%

  • 27℃
  • ---℃
  • 30%

  • 28℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ