正平調

時計2020/03/26

  • 印刷

災いと福とは、くるりくるりと入れ替わる。吉凶は誰も予測できない。それを「塞翁(さいおう)が馬」と言うが、同じ思いは洋の東西を問わずにあるようだ◆サッカー日本代表を率いていたころのザッケローニさんが、大黒柱の選手がけがをしたときにこう言った。「何かが起きたら、何かが生まれる」。数年前の僚紙デイリースポーツで目にした言い回しである◆意味は「塞翁が馬」に似ている。不測の事態に見舞われようと、やがて打ち勝つものが生まれてくる。指揮官の母国、イタリアにあることわざだそうだ。「何かが生まれる」。この響きにちょっと心ひかれる◆新型コロナウイルスの感染が世界に広がり、東京五輪・パラリンピックの開催を1年程度延期することになった。五輪史上で初めてのことだから、不安や戸惑いの声が国内で飛び交う。やむをえないが、ここは強いて、「何かが生まれる」ことに期待する◆柔道女子、阿部詩(うた)選手に稽古をつける垣田恵佑(けいすけ)さんが「現状をプラスに考える選手が強い」と話していた。昨日の紙面で読み、感じ入った。失ったものを嘆くより得るものに夢を託す。そう切り替えられれば◆聖火リレーもお預けだ。兵庫県内を走る予定だったみなさん、延期の間に何が生まれてくるか楽しみにしよう。2020・3・26

正平調の最新
もっと見る

天気(5月25日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 40%

  • 27℃
  • ---℃
  • 60%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 28℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ