正平調

時計2020/04/26

  • 印刷

雑誌「婦人公論」がかつて、こんなアンケートをとった。「あなたにとっての沖縄とは?」。通り一遍の回答が目立つ中で、金子光晴さんの答えだけが「人間の声」に思えた。詩人茨木のり子さんがエッセーでそう書いている◆戦時中も反戦詩を書き続けた大先輩は答えた。「沖縄は独立国として、戦争の責任をその加害国に要求すべきだと思います」。加害国とはどこを指すか、金子さんの言いたいことは明らかだ。自分が沖縄人だったら「快哉(かいさい)を叫ぶ」と茨木さんは思った◆反骨の詩人が亡くなって半世紀近くになる。この回答を今の沖縄のみなさんがどう受け止めるか、分からない。しかし米軍飛行場の移設を巡る動きを見れば構図は同じだ◆移設先となる辺野古の海に「マヨネーズ状」の地盤がある。ゆるゆるの軟弱地盤を改良するため、巨費を投じ工期を延ばすと国が申請した。反対の声などどこ吹く風◆コザ市、現在の沖縄市長を長く務めた大山朝常(ちょうじょう)さんは、「沖縄独立宣言」という本を著した。沖縄にだけ重い荷物を背負わせて、本土は知らんぷりだ。そう怒った。著書の副題は「ヤマトは帰るべき祖国ではなかった」。そんな声が再び高まりはしないか◆小欄から安倍首相へのアンケート。あなたにとっての沖縄とは?2020・4・26

正平調の最新
もっと見る

天気(9月25日)

  • 25℃
  • 21℃
  • 80%

  • 22℃
  • 19℃
  • 80%

  • 24℃
  • 20℃
  • 80%

  • 24℃
  • 21℃
  • 70%

お知らせ