正平調

時計2020/04/29

  • 印刷

テニス部の部室には「打倒、園田」と書かれていた。元プロテニス選手沢松奈生子さんが夙川学院高時代を著書で振り返っている。同じ兵庫のライバル校に勝つことは「インターハイに優勝するのと同じようなもの」だったと◆二つ上に伊達公子さんを擁した園田学園高の部室を訪ねたとき「打倒、夙川」とあるのを見たという。兵庫を制する者は全国を制すといわれ、しのぎを削った頃である◆好敵手あり、ゆえに我あり。きょうもどこかの高校の部室に「打倒」の文字が躍っていることだろう。それなのに、である。新型コロナウイルス禍のため今夏のインターハイ(全国高校総体)の中止が決まった◆最後の夏にかけていたはずの3年生の失意はいかばかりだろう。すでに春の全国選抜大会も中止になっている。「試合に出たことがないレギュラー選手もいる」というある監督さんの悲痛な談話を本紙で読んだ◆歓喜のガッツポーズににじむ涙でなく、敗れて流す涙でなく、夢舞台への挑戦権を奪われてうつむくスポーツ選手たちの涙ほどつらいものはない。周囲の励ましや慰めも、しばらくは心の持ちようが難しかろう◆悔しい分だけ泣いていい。前を向くのはそれからだ。だって青春のすべてをかけて頑張ってきたんだものね。2020・4・29

正平調の最新
もっと見る

天気(9月25日)

  • 25℃
  • 21℃
  • 80%

  • 22℃
  • 19℃
  • 80%

  • 24℃
  • 20℃
  • 80%

  • 24℃
  • 21℃
  • 70%

お知らせ