正平調

時計2020/05/04

  • 印刷

コメディアン志村けんさんの急逝でドリフターズの全盛期の映像が流れた。ババンバ、バン、バン、バン~。「ドリフのビバノン音頭」に見入る。加藤茶さんの絶妙の合いの手が懐かしい◆原曲の「いい湯だな」はいずみたくさんと永六輔さんが1960年代に取り組んだ「にほんのうた」シリーズで生まれた。「女ひとり」「筑波山麓合唱団」などとともに歌は男声グループ、デューク・エイセスだった◆「ボクらはひたすら新しい民謡を作りたかった」。いずみさんは著書「体験的音楽論」でこの歌にまつわる不思議なエピソードを紹介している◆ドリフが歌って大ヒットした頃、いずみさんが冬の夜、バーで飲んでいるとカウンターに座った見知らぬ男性が話した。作曲者本人がいるとも知らず「私が10年前から知っている歌を永六輔やいずみたくが作りなおしたんだ」◆何度も聞くうちに昔から知っているとの錯覚が起きる。合いの手も進化する。最後は歌詞すら忘れ去られる。「これが最高の歌であり、スタンダード・ナンバーであり、民謡である」◆いい湯だな、いい湯だな~。いつものゴールデンウイークなら山あいの温泉に行ってお湯につかりたいところだが、今年はステイホームだ。自宅の風呂で静かに口ずさむ。2020・5・4

正平調の最新
もっと見る

天気(7月14日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 80%

  • 29℃
  • 23℃
  • 90%

  • 27℃
  • 22℃
  • 80%

  • 27℃
  • 21℃
  • 90%

お知らせ