正平調

時計2020/05/05

  • 印刷

時は2月、ところは山梨県の薬局に「マスクが買えない」と憂える高齢の女性客がいた。見かけた一人の女子中学生がそれから1カ月をかけて約600枚のマスクを手作りし、県庁に届ける。高齢者や子どもに渡してほしいと◆マスクの買い占めや高額転売が問題となり、世相に角が立ち始めた頃である。当時の報道によれば、生徒はお年玉貯金でガーゼや布を買い、家族らとミシンを動かしたという。優しい気持ちが乾いた心にしみる◆先週の本紙発言欄にあった4歳の女の子の話。曽祖母に「おもちゃ、なんぼでも買ってな」と電話でねだった後、独りごちた。「なんぼでもっていうのは、さすがに悪かったかな」。愛らしい気遣いに頬が緩む◆高見順の詩「われは草なり」から。〈われは草なり/伸びんとす/伸びられるとき/伸びんとす/伸びられぬ日は/伸びぬなり…〉。巣ごもりしつつ今の子どもたちも実はこっそり何かを伸ばしているのだろう◆それは思いやりの芽か、ユーモアの心か、詩人の目か、本人も知らない。詩は結ばれる。〈ああ 生きる日の/美しき/ああ 生きる日の/楽しさよ/われは草なり/生きんとす/草のいのちを/生きんとす〉◆きょうは「こどもの日」。そして、立夏。草の命よ、健やかなれ。2020・5・5

正平調の最新
もっと見る

天気(9月25日)

  • 25℃
  • 21℃
  • 80%

  • 22℃
  • 19℃
  • 80%

  • 24℃
  • 20℃
  • 80%

  • 24℃
  • 21℃
  • 70%

お知らせ