正平調

時計2020/05/08

  • 印刷

〈かわいい娘さんどこに行くの/私は牛乳しぼりに行くのよ〉。昔、ヨーロッパの農村あたりで聞かれた歌という。〈あなたの財産は何なの、かわいい娘さん/私の顔が財産なのよ…〉◆問答歌はある事実を伝えている。牛乳を搾る娘たちはなぜか、当時恐れられた天然痘にかからなかった。病による発疹のない、きれいな顔が自慢なのよ-(岡田晴恵著「感染症とたたかった科学者たち」より)◆天然痘を予防できたのは彼女たちが先に牛痘に感染していたから…そんな言い伝えにひらめきを得て、ワクチン開発に励んだのが英国の医師ジェンナーである。8歳の子どもに種痘を施したあの偉人伝は有名だ◆年に数百万人が亡くなる時代もあった天然痘の根絶を、世界保健機関(WHO)が高らかに宣言したのは40年前のきょうのこと。人類がウイルスの封じ込めに成功した過去がいまほど輝いて見える時もあるまい◆ウイルスは人の命を奪う。恐ろしいのはそのことのみならず、人の心に憎悪と偏見を生みつけて、対立と差別をあおるところだろう。ジェンナーの種痘もはじめは「打たれたら牛になる」などと言いふらされた◆逆にいえばそう、ウイルスは人々や国際社会の団結を何より嫌う。旧型でも新型でも、それは変わらない。2020・5・8

正平調の最新
もっと見る

天気(7月6日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 80%

  • 29℃
  • ---℃
  • 80%

  • 26℃
  • ---℃
  • 90%

  • 26℃
  • ---℃
  • 90%

お知らせ