正平調

時計2020/05/15

  • 印刷

時差の話をしよう。光がどんなに速くとも、目に届くまでには距離に応じて時間がかかる。視野を宇宙に広げると、分かりよい。いま見ている月は1・3秒前の、太陽は8分19秒前の、北極星だと430年前の過去の光である◆新型コロナウイルス対策でもこの時差がポイントと言われた。感染してから発症し、検査で陽性と分かるまでおよそ2週間かかる。つまり、きょう伝えられる感染者数は2週間前の私たちの取り組みの結果だと◆政府の緊急事態宣言がきのう、39県で解除された。「感染者ゼロ」の日が続く県もある。兵庫や大阪は解除とはならないが、感染者は目に見えて減っている。ひとまずこれまでの頑張りをお互いにねぎらいたい◆何度も書くが、時差がある。連休明けの平日、神戸の都心は人出が増えたそうだ。闇の向こうに光が見えたらつい走りだしたくなるものだが、それも過去の光を見たにすぎない。油断すれば簡単に消えてしまう◆時差といえば、アベノマスクの配送が兵庫でも始まった。「ついに」なのか、「いまさら」なのか。世間の感覚と政府のそれとは地球とどこかの星ほど離れているのだな。そう思うことの多い1カ月でもあった◆ともあれ、辛抱は続く。あとちょっとですよ。信じて光を待とう。2020・5・15

正平調の最新
もっと見る

天気(7月6日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 80%

  • 29℃
  • ---℃
  • 80%

  • 26℃
  • ---℃
  • 90%

  • 26℃
  • ---℃
  • 90%

お知らせ