正平調

時計2020/05/16

  • 印刷

空を仰ぎ見て、その人はつぶやいたのかもしれない。武者小路実篤の詩にある。〈天気よ/お前は/晴天なのが本当か/雨のふるのが本当か/曇天が本当か…〉(「どちらが本当か」)◆人間の心はどうなのだろう。やさしい日の差すときもあれば、冷たい雨だって降るし、どんより憂鬱(ゆううつ)なときもある。このコロナ禍で心の空模様はますます移ろいやすい◆本紙発言欄に「ベトナムの娘さんたち」という話があった。投稿は牛乳配達をしておられる70代の女性である。町内の工場で働く3人のベトナム女性から注文を受けた◆ある日、1枚の手作りマスクとたどたどしい日本語のメモが牛乳箱に入っていた。「ぬいました。つかってください。コロナあぶないです」。異国の地で彼女たちこそ心細かろうに、何というやさしさだろう。胸にじんときましたと女性はつづっている◆「家庭科の時間を思い出して作りました」。60年前の教え子からマスクが届いた80代の女性もいる。飲食店を営む男性は家主に言われた。「大変でしょうから、家賃は半額で」。その気遣いに家族で泣いたという。いずれも発言欄とイイミミ欄で読んだ◆ちょっといい話を切り抜いて、ノートに貼っておく。たまに開けば、心に薫風。雨は上がり、虹がかかる。2020・5・16

正平調の最新
もっと見る

天気(7月14日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 80%

  • 29℃
  • 23℃
  • 90%

  • 27℃
  • 22℃
  • 80%

  • 27℃
  • 21℃
  • 90%

お知らせ