正平調

時計2020/06/05

  • 印刷

「竹葉(ちくよう)」とは酒の異称でもある。青みがかった酒の色を、竹の葉にたとえたらしい。聞きかじった漢詩にある。〈甕頭(おうとう)の竹葉は春を経て熟す/階底(かいてい)の薔薇(しょうび)は夏に入りて開く〉(白居易)◆春がすぎて、かめの酒は熟した。夏がきて、階段あたりのバラが咲きはじめた。色よし、香りよしではバラも負けないが、味よしとなればきっと竹葉に軍配が上がろう。竹にまつわるうまい話を、記事から二つ◆一つは、放置されたまま広がっていく竹林を「食べて減らそう」という取り組み。例えば淡路島では、刈り取った幼竹でメンマづくりに挑戦しているそう。さすがは“御食(みけつ)国”である。新しい特産になるといい◆もう一つは神戸市北区淡河(おうご)町の竹の話題。王子動物園のジャイアントパンダ「旦旦(タンタン)」の主食として20年間、地元の人たちが届けてきた。あの愛くるしい表情やしぐさも大好物、淡河の竹あってのことに違いない◆暑い日も寒い日もみなさん、ご苦労さまでした。われらが震災復興の友として街を元気づけてくれたタンタンは中国に帰るが、竹林の手入れはこれからも続けるという。新パンダさん、いつでもいらっしゃいと◆〈山滴るや日本は竹の国〉(山田佳乃)。梅雨が近いせいか、どうも蒸し暑い。冷えた竹葉でちくと涼む。2020・6・5

正平調の最新
もっと見る

天気(8月14日)

  • 34℃
  • 28℃
  • 20%

  • 37℃
  • 25℃
  • 20%

  • 35℃
  • 28℃
  • 20%

  • 37℃
  • 27℃
  • 20%

お知らせ