正平調

時計2020/06/24

  • 印刷

作家大岡昇平さんが文学誌に連載していた1980(昭和55)年の日記にある。「コンピュータもまた長生きしたお蔭(かげ)にて、わが興味の範囲に入りたるものの一つ」(「成城だより」)◆当時71歳。コンピューターの将来について書かれた本を読んで、感心したらしい。よく分からない分野だからといってほうっておかず、すぐに「確固たる知識をかためるべし」。旺盛な好奇心があふれ出ている◆大岡さんをみならい、きのうの新聞をじっくり読んだ。計算機が432台も並んでおり、1秒間に41・5京回計算するという。超絶がすぎて、「ふむ…」としか言葉が出てこない。スーパーコンピューター「富岳」の計算速度が世界のてっぺんを極めた◆同じく神戸にあった先代の「京」以来、日本勢としては9年ぶりのスパコン世界ランキング1位、しかもデータの処理能力など他部門も含めて史上初の「4冠」である◆本格的な運用は来年度からだが、新型コロナウイルス対策ではせきの飛沫(ひまつ)の流れを予測するなど、すでに日々の暮らしとつながっている。地元のニュースで身近に感じていただけに、このたびの快挙はうれしい◆〈万国の博覧会にもち出せば一等賞を取らん不尽山(ふじさん)〉。名峰をたたえた正岡子規の一首で、お祝いしたい。2020・6・24

正平調の最新
もっと見る

天気(8月9日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ