正平調

時計2020/07/30

  • 印刷

また聞きなので、真偽のほどは知らない。やり手の税務署員の話だ。気になる申告があれば、ふらりと訪ねる。そして「もう一度来ます」と言い残し、いったん立ち去るのだという◆ころ合いをみて戻ると、経営者の机を見渡す。場を外していた間になくなったものはないか、帳簿は同じ場所か。気になることがあれば、そこから本格的な調査が始まる◆古い話で、でき過ぎの感もあるが、目のつけどころは古びない。やましいことがばれそうになると、人はとっさに隠す。森友学園問題の公文書改ざんは最たるものだ◆いやな作業を強いられ自殺した近畿財務局職員の妻が、国などの責任を問う訴訟を起こした。第1回口頭弁論から半月になるが、「真実を知りたい」という一言が今も耳の奥に残る。誰が、何を守るために指示をしたのか。回りくどい釈明は聞きたくない◆政府は再調査すべきと思う人が、共同通信の世論調査で8割以上いた。「責任は自分にある」と安倍首相はよく言う。だったら「よし、再調査しよう」と腹をくくれば、低空飛行の支持率も少しは上がるのに◆かの税務署員の教えをもう一つ。何かを隠している人は、話をしている間もその隠し場所を見てしまう。目を離すな、と。財務官僚たちの視線はどこへ。2020・7・30

正平調の最新
もっと見る

天気(9月29日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 26℃
  • ---℃
  • 10%

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ