正平調

時計2020/11/01

  • 印刷

メモの日付は「4月23日」。耳にした感染症専門家の話が分かりやすかったので、書きとめた。「収束までの道のりで、今はどのあたりか?」と問われ、野球にたとえて答えていた◆「まだ一回裏です。一回表はウイルスの攻撃だった。その戦力を分析し、弱点を見つけ、反撃に入った一回裏です」。さらに続けて、「ただし試合は九回まであります」◆4月23日といえば、新型コロナウイルスの感染が急速に広がり、政府が緊急事態宣言を出した2週間ほど後だ。街を行く人は減り、シャッターだけが目についた。重苦しいあのころが一回裏なら、今は何回の攻防だろう。国内感染者が10万人を超えた◆秋が深まる北の国から、クラスターと呼ばれる感染者集団の報が伝わる。寒くなると部屋を閉め切って換気が悪くなる。それが大敵、という指摘も聞く。感染再拡大におびえる欧州の姿は決して遠い世界ではない◆政府の取り組みを検証した「コロナ民間臨調」の報告が忘れられない。死亡率などは抑えられた。しかし「場当たり的な判断の積み重ねだった」。そして「今後も危機管理がうまくいく保証はない」と断じた◆手洗い、マスク、3密の回避。選手は一生懸命なのに、ベンチの指示が的外れでは勝てる試合だって勝てない。2020・11・1

正平調の最新
もっと見る

天気(1月25日)

  • 13℃
  • 7℃
  • 10%

  • 11℃
  • 4℃
  • 10%

  • 14℃
  • 6℃
  • 10%

  • 14℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ