正平調

時計2020/12/20

  • 印刷

確か、お笑い界の人だった。ラジオ番組で「芸人視聴率」という言葉を口にした。視聴率といっても、テレビの話ではない。実力のある芸人の舞台を袖で見つめる同業者の多さを指す◆何がうけているのか、どこに芸のすごみがあるか。舞台の袖だけでなく、客席の後ろからもじっと見つめる若手がいる。その数が多いか少ないか。これが芸人視聴率◆もしも「棋士視聴率」があるなら、今年の将棋界最高視聴率は藤井聡太二冠である。先ごろ放送されたテレビ棋戦の銀河戦でも優勝した。これも最年少記録だった。たくさんの棋士が盤面の攻防を見つめただろう◆今年、スポーツ専門誌「ナンバー」が藤井聡太特集を組んだ。増刷を重ねて話題になった異色の特集だ。棋界の重鎮、中原誠さんが取材に答えて「プロがいつまでも見ていたくなる将棋を指しています」。ネットの対局中継は熱くなって見てしまうと◆西川和宏六段が僚紙デイリースポーツに寄せた観戦記から。対局を見て、疑問に思う一手があった。ところが不思議なことに、攻防が進むとこの一手が効き、形勢が良くなっている。とても10代とは…と舌を巻く◆将棋ファンだけでなく、大御所や大先輩も、楽しませ、うならせる。来年、視聴率を脅かす棋士は現れるか。2020・12・20

正平調の最新
もっと見る

天気(2月25日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ