正平調

時計2021/01/05

  • 印刷

スティーブン・スピルバーグ監督の映画「ミュンヘン」に次のせりふがある。「一日で決められなければ、永久に決められない」。「366日映画の名言」(選・文 品川亮)から引いた◆名言集は1日1言のカレンダー形式になっており、「ミュンヘン」の主人公に決断を迫るそのせりふは1月4日のページに紹介されている。ちょうど仕事始めの折、即断が求められる場面も多々あるに違いない◆コロナ対策のための緊急事態宣言を出すか、出すまいか。「再発令してほしい」と首都圏の4知事に求められてから二晩、菅首相は大いに悩んだはずである。きのうあった年頭会見で「検討に入る」と表明した◆これまでの政府対応に世間の目は「中途半端」「後手」と厳しい。“最後の切り札”といわれる宣言の効果をいかに高め、いかに短期間ですますか。休業補償などの手だても含め思い切った決断が求められよう◆映画の名言集から思い当たることの多い教訓をもう一つ。「あの時私は、“また次があるさ”と考えた。だが、あれが唯一の機会だった」(「フィールド・オブ・ドリームス」より)。4月21日のページにある◆感染爆発を抑える「次」の機会は恐らくやってこない。4月に後悔するか否かは「今」にかかっている。2021・1・5

正平調の最新
もっと見る

天気(2月26日)

  • 9℃
  • ---℃
  • 50%

  • 9℃
  • ---℃
  • 20%

  • 10℃
  • ---℃
  • 50%

  • 10℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ