正平調

時計2021/01/11

  • 印刷

大人になるのは大変だった。世界を見渡すと、男性が植物のつるを命綱に高所から飛び降りたり、女性が健康な歯を削られたりした。いずれも一人前と認められるための通過儀礼で命の危険すら伴う◆日本でも100キロの石を持ち上げる「力持ち」という行事がある。米俵2俵分に近い重さだ。かつげた若者は、農作業の担い手として期待を集めたろう。兵庫では姫路・天満地区に残るのみで、ほぼ姿を消した◆それに比べて今の若者は、と言うつもりはない。コロナ禍の試練が立ちはだかる。3日に兵庫県佐用町で一足早く開かれた成人式では、昨春以来、帰省を控えていた女性が取材に応じた。迷った末の参加だろう◆新成人ら若者に向けて、読書推進運動協議会はお薦めの本を発表している。今年は職業や教養に関する啓発書に交じって、コロナ後の生き方を問いかける本が目を引く◆イタリアの作家ジョルダーノの「コロナの時代の僕ら」は、収束後の社会を問う。「以前とまったく同じ世界を再現したいのか」と。先輩たちは途方に暮れている。解答は、若い世代しか導けないかもしれない◆きょうは成人の日。感染急拡大の中、多くの地域で成人式が挙行される。新成人の皆さん、おめでとう。期待の大きさを感じてほしい。2021・1・11

正平調の最新
もっと見る

天気(2月25日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ