正平調

時計2021/01/14

  • 印刷

どう読み解けばいいのだろう。戦前の歴史で分からないことがあると、この方の著書を繰った。作家の半藤(はんどう)一利さんである。日本人の歩んだ道を丹念に掘り起こし、90歳で亡くなった◆泰斗(たいと)の語る教訓をまとめてみる。その1。重大な局面でも、日本人は抽象的な意見を交わしてしまうという。開戦についての軍の見方もそうだった。「物事は自分の希望するように動く」と思いこんでいたと◆その2。何かことが起きると、日本人は「その場その場のごまかし的な方策で処理する」。言い換えれば「大局観がまったくない」と半藤さんの切っ先は鋭い。「昭和史を通しての日本人のありかたでした」とも◆新型コロナウイルスの感染拡大を食い止めるため、首都圏に続き兵庫県など7府県も緊急事態宣言の再発令地域に加わった。背筋がゾクッとなるような感染者数の急増が、これを機になんとか収まってほしい◆後出しじゃんけんを承知で書く。暮れの「勝負の3週間」が不発だったツケは大きい。宣言を再発令しようという声もあったが、政府は見送った。なぜだろう。「国民は政府の希望するように動く」と思いこんだか、「その場その場で」と手綱を緩めたか◆昭和史の教訓は昔話ではない。何度もかみしめたい。苦いけれど。2021・1・14

正平調の最新
もっと見る

天気(2月25日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ