正平調

時計2021/04/14

  • 印刷

医師の原田正純さんが語っている。「公害が起こると差別が起こるんじゃなくて、もともと差別のあるところに公害問題は押しつけられるんだな」(「対話集 原田正純の遺言」より)◆はっと胸をつかれる言葉だろう。水俣病研究に身をささげ、患者に寄り添い続けたその人の言いたかったことをいま、改めて考える。福島第1原発の処理水について政府はきのう、福島の海に流すことを決めた◆漁師をはじめ、地元の根強い反対を押し切る形での決定に「思いが踏みにじられた」と怒りの声があがる。その背景にある不信や懸念に対し政府はこれまでどのくらい真剣に、また誠実に向き合ってきただろう◆処理水はもういっぱいだ。時間もない。安全だし、風評被害があれば賠償する。だから、受け入れてもらう-。印象だけで申せば、そういう政府の姿勢はやはりどこか相手を下に見ていると感じられてならない◆原発事故から10年がたった。おいしくて、安心のできる福島産を全国の食卓に届けたい。届けよう。地元の人たちが眠れぬ夜をくぐり、重ねてきた努力はそれこそ「血のにじむような」ものであったはずである◆失敗や矛盾によって生じた問題を「やむをえないから」とだれかに押しつける。そこに差別の心はないか。2021・4・14

正平調の最新
もっと見る

天気(5月16日)

  • 24℃
  • 19℃
  • 70%

  • 26℃
  • 20℃
  • 70%

  • 27℃
  • 20℃
  • 60%

  • 24℃
  • 19℃
  • 70%

お知らせ