正平調

時計2021/04/20

  • 印刷

米国大統領と正式に会見した最初の日本人は、兵庫県播磨町出身で「新聞の父」と呼ばれたジョセフ・ヒコ(浜田彦蔵)という。幕末の昔、乗っていた船が漂流し米国船に助けられた◆第14代ピアースからブキャナン、リンカーンと歴代の大統領に会っている。日本では将軍はもちろん大名ともまず会えないのに、ここはどうだ。大統領が気さくに握手をしてくれることにヒコは感激したらしい◆打って変わってコロナの感染拡大がやまぬ現代では「握手なし」「会食なし」も致し方あるまい。第46代バイデン氏と菅首相による初の直接会談が終わった。バイデン氏はマスクを二重に着ける徹底ぶりだった◆で、帰国の首相が披露したおみやげがワクチンである。当地でファイザー社トップに電話し、日本の対象者全員分を9月までに調達するめどがついたという。先進国では周回遅れだった接種に弾みがつくといい◆米国にたどり着いたころのヒコの話がある。久しぶりに日本人を見つけて歓喜したのもつかの間、それは鏡に映った自分であったそうな。何とも笑うに笑えない。鏡のなかのヒコの顔は涙でゆがんでいただろう◆ワクチンが来るぞ。違う、あれは待ちこがれて見えた早とちりの幻想だ。まさかもう、そんなことないよね。2021・4・20

正平調の最新
もっと見る

天気(5月15日)

  • 25℃
  • 19℃
  • 70%

  • 29℃
  • 16℃
  • 60%

  • 27℃
  • 19℃
  • 50%

  • 29℃
  • 18℃
  • 60%

お知らせ