正平調

時計2021/04/30

  • 印刷

神戸市内に本社がある「共進牛乳」の元会長、故・中尾作蔵さんには牛乳づくりに負けないぐらい人生をかけたテーマがあった◆「あの戦争ではミャンマーのみなさんに本当に助けてもらった。恩返しが私の役目です」。小柄ながら、いつも背筋をピンと伸ばして熱く語る晩年の姿を覚えている◆太平洋戦争でビルマ戦線に従軍し、約3万人が戦病餓死したといわれるインパール作戦に参加した。やせ衰えた仲間を現地の人たちが親身に介抱してくれた。戦後、何度となく慰霊に訪れ、戦時中は迷惑を掛けたと謝ると柔和な笑顔で言われたそうだ。「過去のことはお互いさまです」◆現地に練乳工場を造って研修生を受け入れたり、学校を建てたり。草の根の支援と交流は、今も後進に引き継がれている◆かの国では、国軍のクーデターで流血の惨事が続く。先日、神戸であった集会で「下手な日本語ですいません」と恐縮しながら訴える若いミャンマー人たちに会った。「母国の若者も、死を恐れます。でも何人死んでも、自由のために戦います。だから私も声を上げなくてはなりません」。必死の表情が忘れがたい◆中尾さんならどうしたか。デモの市民が不服従の意志を込める「抵抗の3本指」を、ともに掲げただろう。私たちも。2021・4・30

正平調の最新
もっと見る

天気(6月20日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ