正平調

時計2021/05/04

  • 印刷

「日々ごはん」シリーズなどで知られる料理家・文筆家の高山なおみさんが、東京から神戸に移り住んで丸5年になる。六甲の山々や港町が出てくる近作に触れ、親しみを深めている人も多いだろう◆住まいは長い坂を登り詰めた山の麓にある。小鳥のさえずりで目覚め、1日3回の食事をきちんと取り、書きものや縫いものをして過ごす。エッセーからは、何げない日常を慈しむ暮らしぶりが伝わってくる◆先日、高山さん宅を訪ねる機会があった。タイル張りの床に布を敷き、ピクニックみたいにしてお茶を頂いた。丁寧に水出しされた凍頂ウーロン茶はきらきら光り、びっくりするほどおいしかった◆高山さんは言う。「毎日は似ているようで少しずつ違うことを味わいながら、健やかに生きていきたい」と◆コロナ禍の中、家で過ごす時間が増えた。少々手の込んだ料理に挑戦するもよし、季節の移ろいを感じながら近所を歩くもよし。我慢と思うとつらいけれど、小さな喜びはきっと身近にあふれている◆第2土曜の朝刊で先月から、高山さんの連載「毎日のことこと」が始まった。日々のささやかな出来事が、じっくりことこと煮込むようにつづられるに違いない。人生を豊かにする秘伝のレシピを読者と一緒に教わりたい。2021・5・4

正平調の最新
もっと見る

天気(6月20日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ