正平調

時計2021/06/06

  • 印刷

その映像は、今年もテレビで何度か流れた。中国・天安門広場近くで、戦車の前に立ちはだかる若者の姿である◆民主化を求める人々を武力で弾圧した天安門事件から、この4日で32年になった。惨劇の翌日、大通りを行く戦車の前に立ち、彼は行く手を阻だ。「戦車男」と呼ばれた男性はいったい何者か◆事件時に現地にいた44人の手記集「証言 天安門事件を目撃した日本人たち」は興味深い話に満ちている。読んでいたら、「戦車男」について触れた一文が目にとまった。当時、報道の現場にいた人が書いている◆三つの説があるそうだ。「王維林」という19歳の学生で、後に投獄されたか処刑された。24歳になる「張為民」で、実刑の判決を受け、仮釈放後に再収監されている。英紙などの記事で、いずれも真偽は不明◆当局の自作自演説まである。これが三つ目。戦車が多くの命を奪ったことへの反発が大きく、軍は市民を傷つけないというイメージを広げたかった、という読みである。近くのホテルベランダで、海外メディアがカメラを構えていたのを知っていたからと◆歴史的な事件である。あの若者は誰で、なぜ戦車に身をさらしたか。真相を知っているはずなのに、口をつぐんだ当局の姿勢が、何よりも解せない謎。2021・6・6

正平調の最新
もっと見る
 

天気(8月2日)

  • 34℃
  • 27℃
  • 10%

  • 37℃
  • 24℃
  • 10%

  • 35℃
  • 26℃
  • 20%

  • 36℃
  • 25℃
  • 20%

お知らせ