正平調

時計2021/06/13

  • 印刷

白旗(しらはた)城への山道を歩いたのは、晩春だった。標高が440メートル。険しくて息が上がってしまった。龍野古城は初冬だった。標高は211メートル。それでも何度か立ち止まり、汗をぬぐった◆兵庫は城の宝庫である。美しい姫路城を筆頭に、とりでのようなものまで含めたら城跡は千数百という。さまざまな勢力が覇を競っていたし、城を構えてにらみを利かしたい街道がいくつも通っていたからだろう◆西播磨地域は頂に築いた山城跡が多い。130を超す。そのうち11城を「山城イレブン」としてPR、という話が紙面にあった。白旗城、龍野古城も入る。記事を読みながら、やっと本丸跡にたどり着いたときの爽快感、景色の素晴らしさを思い出す◆一種のブームだろう。頂上には誰かがいる。どこかに戦国のにおいを求めてか、栄えては衰える歴史の舞台を自分の目で確かめたくてか。崩れかけた石積や土塁をじっと見つめ、写真を撮る。若い人も珍しくない◆以前、何かで読んだ話。歌人与謝野晶子が訪れた町に有名な山城があった。それを知った彼女は宿の人と山上へ。それもみんなを置き去りにする速さで。「晶子さんはタタタッ」と今も語り継がれている、と◆暑くなった。山城見学で、ご無理なされぬよう。タタタッはご法度。2021・6・13

正平調の最新
もっと見る
 

天気(8月2日)

  • 34℃
  • 27℃
  • 10%

  • 37℃
  • 24℃
  • 10%

  • 35℃
  • 26℃
  • 20%

  • 36℃
  • 25℃
  • 20%

お知らせ