正平調

時計2021/06/19

  • 印刷

ソ連軍に監禁されていた日本人が窓から手紙を投げた。終戦間もない旧満州でのことである。「通行ノ日本人ノ方ヘ。血ノ涙デオ願シマス」。家族に届けてほしいと、そう書かれていた◆引用元の「アジア太平洋戦争 私の遺書」(NHK出版)によれば、道行く人の足音で日本人かどうかを聞き分け、投げ落としていたらしい。手紙はマッチ箱に入れられていた。祈るような思いであっただろう◆日本人の方へ-。時代や背景は全く異なるものの、見知らぬ人に命がけで発せられたメッセージが今はその青年の叫びに聞こえて、心揺さぶられる。サッカーワールドカップ予選のために来日していたミャンマー代表、ピエ・リヤン・アウン選手である◆試合の折、クーデターを起こしたミャンマー国軍への抗議を意味する「3本指」ポーズをとったことが波紋を呼んだ。帰国すれば拘束され、命を奪われるかもしれない◆関西国際空港で帰国する寸前に助けを求め、日本にとどまる意思を伝えたという。とはいえ、言葉も通じない異国である。国に残した家族を思えば、眠れぬ毎日だろう◆祖国で起きていることを日本人に知ってほしい。助けてほしい。それがアウンさんの伝えたかったことである。決死の行動に知らぬふりはできない。2021・6・19

正平調の最新
もっと見る
 

天気(8月3日)

  • 31℃
  • 28℃
  • 50%

  • 31℃
  • 25℃
  • 70%

  • 32℃
  • 26℃
  • 70%

  • 30℃
  • 27℃
  • 80%

お知らせ