正平調

時計2021/07/16

  • 印刷

「観兵式の大将」という昔の言い回しがある。平時のときには「矢でも鉄砲でも持ってこい」などと大きなことを言って、いざ難局に際しては責任から逃れようとする人のことをいう◆金融機関などを通じ、酒を提供し続ける飲食店に“圧力”をかけようとした政府方針は撤回された。猛反発をくらった菅内閣だが、「われ関せず」とばかりに逃げた首相らの足の速さには目を見張るものがある◆会見でその方針を語ったのは担当の西村大臣であり、目下、批判の集中砲火を浴びている。ところが、菅首相ら閣僚たちも、発表前に説明を受けていたことが露見した◆「具体的に議論していない」とは首相の苦しい弁明だが、関西弁でツッコミを入れるなら「議論せえよ」だろう。異を唱えなかったほかの人たちも、われ先にと言い逃れるのに忙しい。なるほどこれではいざ国難の折、大将の弁が響かないのも道理かな◆東京オリンピックを開催する意義について首相は言った。「全人類の努力と英知によって難局を乗り越えていけることを発信したい」と。その前に、である。政治の努力と英知をまずもって見せてもらえまいか◆ワクチンが足りない。補償が足りない。うなずける言葉が足りない。越えるべき難局は目の前に山とあろう。2021・7・16

正平調の最新
もっと見る
 

天気(9月26日)

  • 26℃
  • 22℃
  • 50%

  • 26℃
  • 19℃
  • 50%

  • 27℃
  • 21℃
  • 60%

  • 25℃
  • 21℃
  • 70%

お知らせ