正平調

時計2021/08/09

  • 印刷

男子20キロ競歩を1位でゴールしたイタリアのマッシモ・スタノ選手が、2位、3位の日本選手をそれぞれお辞儀で出迎え、「スゴーイ」と叫んだ。何でも日本が大好きだそうである◆コロナ禍で思っていた「おもてなし」がかなわなかった東京五輪だった。それでも力をぶつけ合う競技の場で、合宿の地で多様な「お辞儀」の交流があったことだろう◆三木市で合宿をしていたフランス陸上チームが練習の合間にたこ揚げを楽しんだという記事が、本紙三木版に載っていた。地元の愛好会が贈ったという。互いの友情も天まで届けとばかり、たこは舞い上がった◆アスリートでは重量挙げ、三宅宏実選手のひと言が心に残る。最後の五輪は記録なしに終わり、引退を表明した。「やってきてよかった。満足です」。21年に及ぶ競技人生への“最敬礼”のお辞儀であったろう◆90年前に来日し、お辞儀の文化に感動した米女性飛行家、アン・モロー・リンドバーグは日本語の「サヨナラ」について書いている。別れのあいさつの中で「このようにうつくしい言葉をわたしは知らない」と◆厳しい視線が注がれ続けた五輪だが、心打つ場面や言葉がいくつもあったのも確かである。選手たちに「ありがとう」のお辞儀と惜別の「サヨナラ」を。2021・8・9

正平調の最新
もっと見る
 

天気(10月25日)

  • 17℃
  • ---℃
  • 70%

  • 14℃
  • ---℃
  • 70%

  • 16℃
  • ---℃
  • 80%

  • 17℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ