正平調

時計2021/10/04

  • 印刷

つり下げられたシカ肉を、若い女性がさばいている。ピンクの服は今どきだが、見つめる目は強い。アニメ「もののけ姫」のようだ。女性の母が本紙に写真を寄せてくれたのをきっかけに、料理人と猟師を目指す19歳の物語が姫路版に載った◆姫路市の林双葉さんだ。肉料理を食べたり作ったりするのが大好きな彼女は、材料がどこから来るかを知りたくなった。シカの処理施設を訪ね、解体を手伝う。もらった肉を家で食べたが、涙で味がしなかった◆農家を訪ね、シカの被害も知った。「あなたが何とかしてほしい」と言われ、猟師になる決意をする。わなにかかったシカを仕留めるのはつらいがやめるつもりはない◆なぜそこまでと大人は思う。目をそらしたくなる現実を林さんは見つめる。たどり着いた答えは、いただいた命を皿の上で復活させること。来春から日本料理店で働く◆不都合な事実を凝視するのは、スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさん(18)も同じだ。温室効果ガスの排出を恥じ、ヨットで大西洋を渡った。近年の自然災害を思えば大げさだと笑うことはできない◆本気になって世の中を変えるつもりなら、彼女たちのような曇りなき眼が必要だ。現実をごまかしていないかと、大人たちを見ている。2021・10・4

正平調の最新
もっと見る
 

天気(12月1日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 30%

  • 9℃
  • ---℃
  • 60%

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ