正平調

時計2021/10/20

  • 印刷

〈ぼくは/しぬかもしれない〉。12歳で自死した少年は手帳に詩を残していた。〈でもぼくはしねない/いやしなないんだ/ぼくだけは/ぜったいにしなない…〉。詩はそう続いていく◆早世の人、岡真史(まさふみ)さんの詩集「ぼくは12歳」に収められている。解釈はさまざまだろうが、「ぼくはしなない」と題された詩を何度も読み返し胸に聞こえてきたのは、僕はもっと生きたい、という心の声だった◆45年前に出版された詩集には母の手記もある。夢に出てきたわが子を思いきり抱きしめ、問うたそうだ。「何がそんなに辛(つら)かったの? パパにも、ママにも言えなかったの?」。息子は笑うばかりだったという◆415という数字が辛く、重い。2020年度に自殺した小中高生の命の数である。文部科学省の調査で前年度より98人も増えた。過去最多の数字の向こうに、どれだけの苦悩と周囲の慟哭(どうこく)があったか知れない◆背景にコロナ禍が挙げられる。ささくれ立つ大人社会の息苦しさに多感な心がまいったのか。休校で居場所を失い、孤立を深めたのか。確実に言えることはただ一つ、みんな生きたかった、そのことに違いない◆子どもたちの命を守るために社会はあり、政治がある。国の未来を語る選挙戦だからこそ、その策を問う。2021・10・20

正平調の最新
もっと見る
 

天気(11月29日)

  • 15℃
  • 6℃
  • 0%

  • 15℃
  • 1℃
  • 0%

  • 16℃
  • 6℃
  • 0%

  • 16℃
  • 2℃
  • 0%

お知らせ