正平調

時計2021/10/28

  • 印刷

悪を懲らしめる話ではないし残酷だと言われれば、こう返した。「描きたいのは正義の味方ではない」「正義と言われるもののインチキさは、戦時中に育った僕らはよく知っている」◆子どもに夢をと言われれば、こう返した。「僕は、社会へ出るとだめになる夢じゃなく、世の風雪に耐えられる夢を与えたい。そのために力の限り闘った人間を描きたい。だから、ときに残酷と思われる」と◆60年近く前の写真誌「アサヒグラフ」からお借りした。1960年代から70年代にかけて青春期を送った人なら、この話だけでピンとくるかもしれない。語るのは漫画家、白土三平さんである。89歳で亡くなった◆「忍者武芸帳」「カムイ伝」が売れても仕事部屋は質素なアパートで、障子は破れていた。ドアに「コノ寄場オヨビ住人ニ利益ナキ者 立入リヲ禁ズ」の貼り紙。催促の編集者だったらさっと身を隠したかも◆この部屋から濃密な物語が生まれた。いわれなき差別への怒り、苦悩、裏切り、暴力。若者たちが反権力を叫んだころで、白土さんの世界には熱い支持が集まった。時代は物語を求め、物語は時代を縁取っていた◆ところで白土さん。世の風雪に耐えられる夢って何でしょう、と尋ねたら、どんな言葉が返ってきただろう。2021・10・28

正平調の最新
もっと見る
 

天気(1月18日)

  • 7℃
  • 3℃
  • 30%

  • 3℃
  • 1℃
  • 90%

  • 7℃
  • 3℃
  • 20%

  • 5℃
  • 1℃
  • 60%

お知らせ