正平調

時計2021/10/31

  • 印刷

スズメが減っている。絶滅危惧種の恐れ、と紙面にあった。「チュンチュン」という鳴き声の微妙なニュアンスを聞き分けられたら、スズメの心の中が読み取れるかも、とふと思う◆根も葉もない話ではない。京都大学の鈴木俊貴特定助教(動物行動学)がシジュウカラの鳴き声を調べたら、単語や文法まであるのに気づいたそうだ。しばらく前、何げなく見ていたテレビ番組でも紹介していた◆天敵のカラスが近づいたら「チカチカ」、ヘビだったら「ジャージャー」と知らせる。さらに「ピーツピ」(警戒せよ)や「ヂヂヂヂ」(集まれ)を組み合わせて鳴き、力を合わせようとするというから驚く◆いやいや、小さなアリもしゃべっているという。路上生活者(ホームレス)の自立を支援する雑誌「ビッグイシュー」の今年2月の号で、九州大学の村上貴弘准教授(行動生態学)がそんな研究成果を語っていた◆ハキリアリの音を高性能録音装置で聞けば、切り取った葉っぱが良ければ「ドゥルドゥル」、悪ければ「キッキッキ」。巣を襲われた女王アリが出す「ズズズ」の音は、「そこにとどまって戦え」の指示とか◆さて、私たち。1票が集まって大きな音になる。投票箱からはどんな声? 聞こえてくるものに耳を澄まそう。2021・10・31

正平調の最新
もっと見る
 

天気(1月18日)

  • 7℃
  • 3℃
  • 30%

  • 3℃
  • 1℃
  • 90%

  • 7℃
  • 3℃
  • 20%

  • 5℃
  • 1℃
  • 60%

お知らせ