正平調

時計2021/11/09

  • 印刷

左手のためのピアノ作品は3千曲ほどあるという。戦争で負傷したり病気を患ったりした人のために作られてきた長い歴史がある。古今東西の作曲家たちはその奥深い世界を広げてきた◆ブラームスはシューマンの妻クララが右手を痛めた際にバッハのバイオリンの名曲「シャコンヌ」を編曲した。ラベルは第1次大戦で右手を失ったピアニストのために有名な「左手のための協奏曲」を作曲した◆84歳のピアニスト、舘野泉さんの演奏を神戸で聴いた。フィンランドを拠点に活躍中の2002年、脳出血に見舞われ右半身が不随になった。左手のピアニストとして再起し、昨年、演奏家生活60周年を迎えた◆舘野さんが冒頭に弾いたのがシャコンヌだ。左手を生かした印象的な主題が繰り返され和声に潜むメロディーの数々が気高い。バイオリンの原曲とはまた別の味わいだ◆埋もれたピアノ作品の発掘に取り組むのが関西に拠点を置くピアニスト、智内(ちない)威雄さんだ。肝いりの「『左手のアーカイブ』プロジェクト」は取り組んで10年以上になる◆「もうひとつの可能性を秘めた音楽の一ジャンル」。著書「ピアノ、その左手の響き」に込められたメッセージだ。可能性を追求してきた道のりを思いつつ、もっと演奏が聴きたくなった。2021・11・9

正平調の最新
もっと見る
 

天気(1月28日)

  • 10℃
  • 4℃
  • 10%

  • 6℃
  • 0℃
  • 50%

  • 11℃
  • 3℃
  • 10%

  • 9℃
  • 2℃
  • 30%

お知らせ