正平調

時計2021/11/13

  • 印刷

所用でタクシーに乗った。運転手さんの声は心なしか弾んでいるようだった。新型コロナウイルスの感染者が激減していることに触れて「これがあと1週間続いたら、もう大丈夫やね」◆ちょっとじんときた。このまま収まるかも…そんな期待のはかなさを運転手さんだって知らぬわけはない。恐らくは感染者の一増一減に目を凝らし、日々を過ごしておられるのだろう。「大丈夫」と祈りながら◆それにしても、なんでこんなに減ったのか。ワクチン接種が進んだから。マスク着用など基本対策のおかげ。ウイルスの感染力が弱まった。謎の周期性。いろいろ理由は語られるが、本当のところは分からない◆「小春日和」。時候の言葉が浮かぶ。気象解説者、倉嶋厚さんの本によれば昔は「冬の愛想」といわれたそう。しばしの春を思わせる今ごろの穏やかな天気は、寒い冬からのささやかな贈り物でもあったらしい◆政府はきのう、コロナ「第6波」対策をまとめた。3回目のワクチン接種のほか、重症化を抑える飲み薬をできるだけ早く、多く確保し、入院病床も増やすという。現場で働く人たちの手当ても手厚く願いたい◆小春のうちに備えを急ぎ、冬の嵐を抜ければきっと本当の春が見えてくる。過去の失敗は、繰り返すまい。2021・11・13

正平調の最新
もっと見る
 

天気(1月28日)

  • 10℃
  • 4℃
  • 10%

  • 6℃
  • 0℃
  • 50%

  • 11℃
  • 3℃
  • 10%

  • 9℃
  • 2℃
  • 30%

お知らせ