正平調

時計2021/11/19

  • 印刷

世間一般の勤め人が100万円を稼ぐには数カ月を要する。税金だってとられる。その額をたった1日の在職でもらえるというのだから怨嗟(えんさ)の声は高まろう。おまけに原資は税金ときた◆国会議員に支払われるひと月100万円の「文書通信交通滞在費」である。長い言い訳を聞かされるような名称だが、実際、使い道は明かさなくてよい。10月31日から任期を得た衆院の新人議員たちにも早速、支給された。10月分、丸ごと100万円が◆1日だけで満額-? ある新人が疑問を“告白”し、批判に火がついた。それはそうだ。まるでご祝儀まがいのバラマキである。もし告白がなければ、ほかの議員は黙っていたのかしら、という疑いも消えない◆与野党は慌てて「回収」「寄付」を言い出した。日割り支給できるよう法改正もするそうだが、まさかそれでお茶を濁すわけではあるまい。使途報告を義務づける、余れば返す、くらい踏み込まないでどうする◆手元の辞書で「選良」をひいた。「選出された、りっぱな人」「代議士の異称」とあったが、編集者は気がひけたとみえる。注釈がついていた。「理想像を述べたもので、現実は異なる」と(新明解国語辞典)◆なんと悲しい注釈だろう。今回は「りっぱ」なところを見たい。2021・11・19

正平調の最新
もっと見る
 

天気(1月28日)

  • 10℃
  • 4℃
  • 10%

  • 6℃
  • 0℃
  • 50%

  • 11℃
  • 3℃
  • 10%

  • 9℃
  • 2℃
  • 30%

お知らせ