正平調

時計2021/12/11

  • 印刷

旧ソ連のガガーリン少佐は宇宙船で108分かけて地球を一周し、とある村はずれにパラシュートで帰還すると、近寄ってきた村人たちに告げた。「皆さん、怪しい者ではありません」◆いや、十分怪しかったろう。1961(昭和36)年、「地球は青かった」の名言で知られる人類初の宇宙飛行である。オレンジ色の宇宙服におびえる村の女性には「仲間です」、そう叫んだと手記は伝えている◆それから60年、「宇宙飛行」はもちろん「宇宙暮らし」と聞いても今は驚かない。実業家の前沢友作さんがロシアの宇宙船で国際宇宙ステーションに到着し、日本の民間人としては初となる滞在生活が始まった◆「着いちゃったよ。本当にあったよ、宇宙が」。交信で話したという。本当に宇宙があった、なんて言い回しは地上にいてはちょっと思いつかない。漆黒の空間に身を置いた人にしか口にできないせりふだろう◆茨木のり子さんの詩「水の星」の一節にある。〈生まれてこのかた/なにに一番驚いたかと言えば/水一滴もこぼさずに廻(まわ)る地球を/外からパチリと写した一枚の写真/こういうところに棲(す)んでいましたか…〉◆美しい星を見たとき詩が紡がれるとしたら、宇宙はきっと言葉の泉に違いない。どんな名言が届くかしら。2021・12・11

正平調の最新
もっと見る
 

天気(5月23日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 0%

  • 24℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ