正平調

時計2021/12/25

  • 印刷

99歳で亡くなった瀬戸内寂聴さんはかつて、人生で遭遇した大事件を挙げていた。すなわち「一つが日本の敗戦。二つ目がソ連がロシアになったこと」だと(共著「日本を、信じる」)◆東側陣営の盟主として、米国などの西側陣営と一触即発のにらみ合いを演じた超大国が消える。寂聴さんのように終戦に匹敵するほどの衝撃を受けたかはともかく、あの日はだれもが歴史の目撃者であったろう◆1991年12月25日である。ソ連のゴルバチョフ大統領が退陣へと追い込まれ、ソ連邦は解体された。シンボルだった赤旗に代わり、クレムリンに白、青、赤のロシア三色旗が翻ってから、きょうで30年がたつ◆ロシア語で赤はクラースヌイ、青はガルボイ、白はベールイ。3色の頭文字をとって「今も国旗の中に『KGB』が潜んでいるのさ」とは当時ささやかれたジョークという(吹浦忠正著「国旗で読む世界史」)◆KGBはソ連の秘密警察であり、忌まわしき恐怖政治の象徴でもある。ゴルバチョフ氏の改革「ペレストロイカ」は国内に自由な空気を吹き込み、新生ロシアではさらなる民主化が期待されたが、結果は違った◆力ずくで時計を逆戻りさせるかのような、プーチン大統領の強権ぶりが伝えられる。ジョークは笑えない。2021・12・25

正平調の最新
もっと見る
 

天気(5月23日)

  • 26℃
  • 18℃
  • 0%

  • 24℃
  • 14℃
  • 10%

  • 28℃
  • 19℃
  • 10%

  • 28℃
  • 17℃
  • 10%

お知らせ