正平調

時計2022/01/15

  • 印刷

「渇しても盗泉の水を飲まず」。NHK・BSで再放送中の連続テレビ小説「マー姉ちゃん」にこんなせりふが出てきて、おやっと思った◆ドラマのモデルは、漫画家の長谷川町子さん一家。冒頭のせりふは戦時中、田中裕子さん演じる次女マチ子が、食べ物に困って農家へ着物を売りに行った際の一言だった◆「渇不飲盗泉水」とは、どんな苦境にあっても不正はしないことの例え。孔子が「盗泉」という泉の水を決して飲まなかった故事による。神戸の作家・島京子さんの芥川賞候補となった小説のタイトルとして覚えている向きもあろう◆ドラマも小説も舞台は戦前から戦後だが、島さんの小説は1965年に発表、「マー姉ちゃん」は79年に放送された。昭和の半ばすぎまで、こんな言葉がまだ生きていたのだ◆時は流れて平成から令和へ。経済格差は広がり、コロナが追い打ちを掛ける。増えゆくものは差別や虐待、特殊詐欺…。わりなき浮世を生きるには、盗泉の水も飲まねばならぬのか◆漢字だらけの書名の読み方を島さんに尋ねたことがある。「渇しても」や「渇すれども」など、新聞の振り仮名がまちまちなのだ。作者の答えは「どっちでもかまへん」。小事にかまけず、志は曲げず。このしなやかさこそ見習いたい。2022・1・15

正平調の最新
もっと見る
 

天気(5月23日)

  • 26℃
  • 18℃
  • 0%

  • 24℃
  • 14℃
  • 10%

  • 28℃
  • 19℃
  • 10%

  • 28℃
  • 17℃
  • 10%

お知らせ