正平調

時計2022/05/16

  • 印刷

十年ひと昔、30年一世代という時の区切りは、現代のような不確実性の高い時代では当てはまらないのかもしれない。もっと短い間隔の場合もあろう◆世界文化遺産・国宝姫路城を借景にした日本庭園「好古園」ができて30年を迎えた。今の季節は池の周りの新緑がまぶしく、大滝の水の音、鳥のさえずりが心地よい。癒やしを覚え、世俗から解き放ってくれる。30年を経た風景も、建造当初とは異なる趣がある◆姫路市制100周年を記念して造営された。発掘調査に基づき西御屋敷跡や武家屋敷跡など当時の地割りを生かし、九つの庭で構成する。最初に目に入る御屋敷の庭は「日本一の庭園」を目指して、地元の職人が全精力を傾けたという◆「粋(すい)の極み」とされる茶室双樹庵は茶道裏千家の前家元、千玄室大宗匠の設計監修である。毎日の一般向け呈茶のほか、春と秋には大茶の湯も催される◆米国誌が発表した2020年度の国内の日本庭園ランキングで37位に入り、兵庫県内では唯一ベスト50に。姫路城の平成の大修理後、海外からの来園者は年間14万人にまで伸びてきたが、コロナ禍に見舞われた◆インバウンド受け入れ再開の議論が進む。コロナ禍3年目で迎えた節目を、庭園の粋を次代につなげる機会ととらえたい。2022・5・16

正平調の最新
もっと見る
 

天気(6月25日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

  • 35℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 20%

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ