正平調

時計2022/05/18

  • 印刷

イラストレーターの和田誠さんの絵本を探そうと図書館に出掛け、書棚にあった別の本に目がくぎ付けになった。タイトルは「おどるねこざかな」◆さかなの中にネコが入って変身したのが、ねこざかな。ノコギリザメに囲まれてピンチを迎えたとき、フラダンスを踊りだす。さて、どうなるのか。続きは図書館か書店で◆最近、絵本の世界と同じぐらい自由な発想を感じたのが、Eテレの番組「おかあさんといっしょ」。先月新しい人形劇「ファンターネ!」が始まった。主人公はカッパの女の子とライオンの男の子、そしてひょうたんの子ども、という取り合わせ◆ライオンで海外にルーツがあったり、植物だから性別がなかったり。紹介記事で、キャラクターを生かして「可能性と多様性」を描くのがねらいと読み、なるほどと思わされる◆冒頭の和田誠さんの絵本は「どんなかんじかなあ」で、中山千夏さんが文章を書いた。主人公の男の子が、目が見えない友だちや耳が聞こえない友だちのことを想像し、気づきの輪を広げていく◆障害や容姿、考え方など違いがあるのは当たり前なのに、そこから差別や争いが生じてしまう。豊かな物語や劇の世界に教えられる日々だ。それにしても、ねこざかなって、どんなかんじかなあ。2022・5・18

正平調の最新
もっと見る
 

天気(6月25日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 30%

  • 35℃
  • ---℃
  • 30%

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ