社説

  • 印刷

 学校法人加計(かけ)学園の加計孝太郎理事長が、愛媛県今治市の岡山理科大獣医学部の新設問題をめぐって2度目の記者会見を開いた。愛媛県の文書に記載された安倍晋三首相との面会など、一連の疑惑をすべて否定した。だが、その根拠を具体的に示すことはなく、説得力に欠けた説明に終始した。

 今回は愛媛県などの要請に応じた会見だったが、国家戦略特区にかかわり、行政の信頼を揺るがせた問題でもある。加計氏は国会の場で証言するべきだ。併せて柳瀬唯夫元首相秘書官ら関係者も呼び、真相を究明する必要がある。

 獣医学部新設では、首相と加計氏が「腹心の友」であることから、官邸が計画段階から関与し、「加計ありき」ではないかとの疑惑が持たれている。

 愛媛県文書には、加計氏と面会した首相が「新しい獣医大学の考えはいいね」とコメントしたと記載されている。事実なら首相の説明が揺らぐことになり、最大の焦点となっている。

 面会について加計氏は「覚えていない。記録もない」と否定した。重ねて根拠を問われると、「記録がないから」と答えるばかりだった。愛媛県には文書が残されており、これでは具体的な反証にはならない。

 県と今治市に対し、首相と面会したと虚偽の報告をした事務局長を同席させなかったことも、首をかしげる対応だ。

 最たるものは、県の文書を「見ていない」との発言である。何のための会見なのかと、あきれてしまう。加計氏には、若者を育む学園のトップとして恥じるところはないのか、自らの胸に問うてもらいたい。

 愛媛県の中村時広知事は、理事長が会見したことを評価した。一方で「ふに落ちない点もある」とあいまいな説明に疑問を呈した。県は大学設置に多額の税金を出している。学園側に説明責任を求めるのは当然だ。

 首相は自民党総裁選で、森友、加計学園問題の批判に対し「謙虚に丁寧に政権運営に当たる」と繰り返してきた。ならば総裁として党に指示し、関係者の国会招致に向けリーダーシップを示すべきだ。首相自身の説明責任も問われていることを忘れてはならない。

社説の最新
もっと見る

天気(7月23日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

  • 31℃
  • ---℃
  • 30%

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ