社説

  • 印刷

 学校の部活動の指導者による暴力がなくならない。

 尼崎市立尼崎高校の男子バレーボール部で、男性コーチが3年生部員の顔を平手打ちした。「緩慢な態度に感情的になった」とコーチは話している。

 茨城県高萩市では中学3年の女子卓球部員が自殺した。顧問の男性教員は部員に「ばかやろう」「殺すぞ」とどう喝したり、肩を小突いたりしていた。市教育委員会は自殺との関連を調べる方針だ。

 いずれも強豪校として知られる。2012年、体育科を持つ大阪市立桜宮高校でバスケットボール部主将の男子生徒が顧問から執拗(しつよう)な体罰を受けて自殺した事件を思い出す。

 体罰は学校教育法で明確に禁じられている。強くなるためには暴力も許されるという「勝利至上主義」は、時代錯誤の精神論である。到底受け入れられない。各学校は部活動の指導に行き過ぎがないか、丁寧に点検してほしい。

 変えるべきは暴力的な指導だけではない。学業に支障を来すような長時間の練習も、理不尽な「ブラック部活動」の典型例といえる。改めてあり方を議論する必要がある。

 部活動は生徒が自主的、自発的に参加するもの-。中学、高校の学習指導要領はこう示す。本来、参加するかどうかは自由なはずだ。

 ところが、全員参加を原則とする学校は多い。「退部すれば内申に響くのではないか」と入試への悪影響を心配する声も根強い。これらは部活動の過熱化と無関係ではないだろう。

 朝来市の中学では昨年、女子バスケ部員の保護者が練習に割って入り、自分の娘を含む部員4人を平手打ちした。それを見たほかの部員が恐怖から不登校になり、転校したという。

 体罰の根絶には、学校だけでなく保護者や地域社会の意識改革も求められる。

 ブラック部活動に苦しむのは生徒だけでない。教員の長時間労働の要因にもなっている。未経験なのに指導を任せられて悩む教員は多い。

 部活動に参加するか否かも、参加後の行動も、尊重すべきは生徒の自主性だ。その原点に、いま一度立ち返るべきである。

社説の最新
もっと見る

天気(11月12日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 20%

  • 19℃
  • ---℃
  • 30%

  • 21℃
  • ---℃
  • 10%

  • 20℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ