社説

  • 印刷

 あきれてものが言えない、とはこのことだ。

 神戸市立東須磨小学校で30~40代の男女4人の教員が複数の同僚に暴行や暴言などを繰り返していたことが明らかになった。

 羽交い締めにして激辛カレーを食べさせる、無料通信アプリ「LINE(ライン)」で女性教員にわいせつな文言を送らせる、コピー用紙の芯で尻をたたいて腫れさせる、「ボケ」「カス」と罵倒する…。

 手口の幼稚さに驚く。容赦のない執拗(しつよう)さも感じられる。教員である以前に、大人として人権感覚に著しく欠ける言語道断の振る舞いだ。教壇に立つ資格はあるか、と問いたい。

 本紙の取材では一連の行為を撮影した動画が見つかっている。標的にされた20代の男性教員は精神的に不安定になり9月から療養中といい、深刻な事態である。

 犯罪行為に等しく、責任を曖昧にしてはならない。市教育委員会は速やかに事実関係を調べ、厳正な処分と再発防止策を打ち出すべきだ。被害者の教員が早期に復帰できるよう万全のサポートも求められる。

 学校側の組織的な対応が不十分だった点も見過ごせない。

 同小の管理職は別の教員からの相談で状況を知り、加害教員を指導したという。市教委には「教員間のトラブルがあったが、解決した」と報告したが、その後もハラスメントは続いていた。現場の危機感が伝わってこない。

 加害側の教員は、学校でリーダー的な存在だったようだ。結果的に暴力行為をまん延させた学校側の責任も問われよう。

 暴力行為は子どもたちの眼前でも行われた。廊下で男性教員が蹴られているところを目撃した女児の母親は「『他の先生は守ってあげられなかったの?』と落ち込んでいる」と本紙記者に話している。

 児童も困惑し、動揺しているにちがいない。これでは教員を信頼しようがない。心のケアも必要だ。

 2学期は行事が多く、学びをさらに深める時期である。にもかかわらず、被害者、加害者の担任クラスはほかの教員が受け持つことになった。一日も早く落ち着いた環境を取り戻す支援は市教委の責任である。

 市教委は2016年に垂水区の市立中学3年の女子生徒がいじめを苦に自殺した問題で、有識者委員会からいじめを防ぐ学校改革の提言を今年9月に受けたばかりだった。失った信頼を回復するには情報開示に後ろ向きであってはならない。

 いじめをなくす取り組みを後退させないためにも、真摯(しんし)な反省に立ってハラスメントの根絶を誓い、教育現場のモラルを再度徹底すべきだ。

社説の最新
もっと見る

天気(11月19日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 60%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ