社説

  • 印刷

 真夜中に助けを求めてきた子どもを、事情を詳しく聴かずに追い返す。神戸市こども家庭センター(児童相談所)で、驚くべき失態が明らかになった。

 「家庭でもめごとがあり、家を追い出された」と小学6年生の女児がセンターを訪れたのは2月10日午前3時すぎである。

 しかし、夜間や休日の当直業務を請け負うNPO法人の男性職員は「警察に相談しなさい」とインターホン越しにあしらった。来所者があった場合はセンターの係長に報告するマニュアルも守られていなかった。

 2年前にも同じNPO法人の別の男性職員が深夜に訪れた高校生を追い返していたことが判明した。どちらのケースも「実年齢より年上に見えた」と理由を釈明しているという。

 ずさんで危機意識に欠ける対応といわざるを得ない。子どものSOSを門前払いする理由は児相にはない。

 センターは子どもの安全を最優先に、時間外対応の課題を洗いだし、改善へ向けて早急に取り組まねばならない。マニュアルや研修の見直しはその第一歩である。

 夜間や休日の児相の対応には地域差があるのが現状だ。

 兵庫県内には神戸市こども家庭センターを含め計七つの児相がある。時間外の相談窓口を常設するのは、神戸市と明石市が所管する2カ所のみだ。県所管の5カ所は無人になる。

 どの児相にも時間外の相談窓口があるのが理想だろう。しかし虐待件数の急増で現場の業務はパンク状態だ。児童福祉司の増員も追い付いていない。

 そうであればなおさら、児相が案件を抱え込むのではなく、警察などの関係機関としっかり連携し、緊急時の対応力を高めることが不可欠だ。過去の悲惨な虐待死事件の教訓である。

 本紙の取材に県の児相担当者は「深夜に児童が家から閉め出された場合、警察や街の人に見つけて保護してもらうしかない」と人員不足を嘆いた。国には、現場の疲弊を緩和する手だてを改めて求めたい。

 社会全体で子どもや親のSOSを受けとめ、保護や支援につなげる体制づくりを急ぐ必要がある。人手不足は言い訳にならないし、してはならない。

社説の最新
もっと見る

天気(7月17日)

  • 29℃
  • 23℃
  • 10%

  • 27℃
  • 20℃
  • 10%

  • 30℃
  • 23℃
  • 20%

  • 29℃
  • 23℃
  • 30%

お知らせ