社説

  • 印刷

 兵庫県内の多くの地域できょうから小中学校、高校、特別支援学校などの授業が再開される。

 新型コロナウイルスの感染拡大防止を理由に一斉休校が始まってから約3カ月。やっと校舎に活気が戻ってくる。ほっとしている保護者も少なくないはずだ。

 各学校には、「3密」を避ける感染予防と「学びの保障」を両立させる工夫が求められる。

 第2波に備えるためにも、感染防止に必要な物品の確保はもちろん、教員の追加配置、事務作業を手伝うスタッフの派遣など、教育委員会は学校の状況に応じて柔軟で手厚い支援を行うべきだ。

 学習内容は増えている。懸念されるのは、遅れを取り戻そうと急ぐあまり、過度の詰め込み授業にならないかという点である。

 もちろん、授業時間をどう確保するかは最大の課題といえる。補習などのきめ細かなフォローもこれまで以上に重要になる。

 しかし、学校行事や子ども同士の関わり合いも大切な学びの場であり、貴重な経験となる。軽視することなく、最大限取り入れてほしい。

 県内でも既に多くの学校が、準備に時間がかかるとして運動会や音楽会などの中止を決めている。

 運動会であれば、地域住民への「お披露目」の要素が強くなっている今のあり方を見直し、感染対策をしながら、児童、生徒がスポーツを楽しむ行事に衣替えするなど発想の転換があってもいい。

 加えて、夏休みの大幅短縮には慎重さを求めたい。

 県内には中学生の休みを9日間とする自治体もあるが、短すぎないか。猛暑の中、登下校だけでも身体の負担は大きい。リフレッシュする機会が減り、子どもと教職員の心身の健康が心配される。医療面のサポートを含めた配慮が必要だ。

 忘れてはならないのは、子どもの心のケアである。現場からは「阪神・淡路大震災当時の状況に似ている」との声が上がっている。

 長期の休校に加え、家計が悪化するなどしてストレスや悩みをためこんでいる子どもは多いはずだ。暴力行為やいじめが増える恐れも指摘されている。スクールカウンセラーと連携するなどして家庭環境の変化にも目を配ってもらいたい。

 「さまざまな制約はあるが、生徒が学校に通う楽しみを失わないようにしたい」。再開を前に宝塚市の中学校校長は本紙の取材に答えている。現場に共通する思いだろう。

 感染症や災害に備える観点からも多忙化する一方の教員の負担を軽減し、余裕を持って児童、生徒と向き合う環境整備を図らねばならない。

社説の最新
もっと見る

天気(7月13日)

  • 24℃
  • 21℃
  • 70%

  • 23℃
  • 19℃
  • 70%

  • 24℃
  • 22℃
  • 70%

  • 22℃
  • 20℃
  • 80%

お知らせ