社説

  • 印刷

 安倍晋三首相の後任を決める自民党総裁選がきのう告示され、石破茂元幹事長、菅義偉官房長官、岸田文雄政調会長が立候補を届け出た。

 実質的に新しい首相を選ぶ選挙である。待ったなしの新型コロナウイルス対策だけでなく、7年8カ月続いた「安倍政治」の何を継承し、何を見直すかが焦点だ。3氏は政策論争に真摯(しんし)に臨み、自らが目指す政治の姿を明確に語らねばならない。

 主要5派閥の支持を得て優位に立つ菅氏は、経済政策アベノミクスをはじめとする安倍路線の継承と前進を掲げた。象徴的だったのは、共同会見の冒頭で「卓越した指導力と判断力に賛辞を送る」と首相を称賛した場面だ。官房長官として政権を支えた手腕の自画自賛に等しい。継承ありきで「1強政治」の問題点に向き合えるのかが懸念される。

 首相と距離を置いてきた石破氏は「納得と共感の政治」を掲げた。「真実を語り、政府を謙虚に機能させ、公正な政策を実行する」とし、安倍路線を転換する「グレートリセット」を訴えた。

 外相や政調会長として首相を支えた岸田氏は「分断から協調へ」を唱え、「聞く力」の重要性を強調する。安倍政権の経済、外交政策を評価した上で、格差の拡大やデジタル化の遅れを指摘した。

 財政健全化や社会保障改革など安倍政権が先送りしてきた政策に関する議論も深める必要がある。

 安倍政権後半では、森友・加計学園や桜を見る会を巡る疑惑や公文書の改ざんなどが発覚し、政治不信を広げた。長期政権のひずみを是正し、国民の信頼を取り戻すのは次期政権の使命といえる。

 石破氏は「真相解明のため再調査が必要」とし、岸田氏も「話を聞くことは当然する」とさらなる説明を求める考えを示した。

 これに対し、菅氏はいずれの問題も「既に結論が出ている」とし、官房長官会見と同じ答えを繰り返した。これで国民との関係を築き直すことができるかは疑問である。

 党執行部にも、その危機感は薄いようだ。総裁選を簡略化し、党員投票を見送った結果、地方票は全体の4分の1に圧縮された。多くの都道府県連が投票先を決めるために予備選を実施するが、その結果が正確に反映されるかは不透明だ。

 100万人超の党員の声を聞くどころか、われ先に「勝ち馬」に乗り次期政権での主導権争いに明け暮れる。国民不在の「派閥の論理」にも長期政権のおごりが表れている。

 安倍政治の功罪に向き合い、民意とのずれをただす。今回の総裁選の意義はそこにある。「国民政党」を掲げる自民党の真価が問われる。

社説の最新
もっと見る

天気(10月25日)

  • 20℃
  • 12℃
  • 0%

  • 20℃
  • 10℃
  • 10%

  • 20℃
  • 12℃
  • 10%

  • 22℃
  • 10℃
  • 10%

お知らせ