社説

  • 印刷

 米軍三沢基地(青森県三沢市)所属のF16戦闘機が先月末、飛行中に緊急事態となり、燃料タンク2個を同県深浦町内に投棄した。いずれも住宅地や学校に近い場所で見つかった。一歩間違えば、大惨事になってもおかしくはなかった。危険極まりない重大事故であり、米軍の人命軽視の姿勢は到底許容できない。

 F16は、青森空港に緊急着陸する前にタンクを投棄した。1個は民家からわずか20メートル余りの国道で見つかり、2個目は中学校から約800メートル離れた山中で発見された。約1400リットルの容量があり、燃料の残量は不明という。

 近くの住民はドーンと雷のような音を聞き、「誰かに当たっていたらと思うと怖い」と話した。青森県の三村申吾知事は米軍側に強く抗議した。当然の反応である。

 F16が着陸した青森空港は滑走路が閉鎖され、民間機が欠航し、着陸便の引き返しも生じた。

 防衛省は米軍側に、安全が確認されるまでF16の飛行中止と情報提供を要請した。しかし、翌日には飛行が確認された。

 安全をどう確認したのか。市民生活に多大な影響と不安を与えた事実を深刻に受け止めているとは思えない。政府は、米軍に安全最優先の対応に改めるよう強く抗議すべきだ。

 タンク投棄の理由について、米軍は「エンジンの油圧が下がる警告が表示され、機体を軽くするため」と説明している。不時着や墜落の恐れがあり、機体の欠陥や整備不良の可能性を指摘する航空関係者もいる。

 米軍は調査委員会を発足させた。同型機の運用を停止した上で、徹底的な原因究明を求めたい。結果を公表し、再発防止に全力を挙げる必要がある。

 看過できないのは、米軍から防衛省への連絡が投棄から3時間以上経過し、内容も事実と異なっていた点だ。米軍は当初、「(同県内陸の)岩木山近くの非居住地域に投棄した」と説明した。発見現場とは約30キロも離れ、疑問が残る。防衛省による経緯の検証も不可欠だ。

 同様の危険な事案は繰り返し起きている。沖縄県宜野湾市で先月、米軍輸送機MV22オスプレイが住宅敷地に水筒を落とした。2017年には同市の小学校にヘリの窓が落下した。基地が集中する沖縄では、部品落下や墜落、不時着などが絶えず、そのたびに米側は再発防止を言うが、事態は一向に改善されない。

 背景にあるのは、米側に特権を認めた日米地位協定だ。特例法で、米軍機には日本の航空法が適用されない。政府は、理不尽ともいえる地位協定の抜本的な見直しを米国に厳しく迫らねばならない。

社説の最新
もっと見る
 

天気(1月29日)

  • 11℃
  • 4℃
  • 10%

  • 7℃
  • 1℃
  • 40%

  • 10℃
  • 4℃
  • 10%

  • 10℃
  • 2℃
  • 20%

お知らせ