“みんな”のひまわりHeart! Project とは

ひまわり

“みんな”のひまわりHeart! Project とは “みんな”のひまわりHeart! Project とは

「“みんな” のひまわりHeart! Project」は、阪神・淡路大震災の絶望的な状況で咲いた一輪の花に被災者が勇気づけられ、生きる希望を持てたという話から、ひまわりを復興の象徴として始まったプロジェクトです。

兵庫県内の大学生らで組織する「117KOBEぼうさい委員会」(事務局・神戸新聞社)は
命、絆、災害への備えの大切さを広げようとこのプロジェクトを展開中です。
ひまわりの種を配布し、各ご家庭や企業団体で栽培、収穫した種を神戸新聞社へ送っていただきました。
その種を“食用ひまわり油と”して販売し、その収益と当プロジェクト協賛金の一部を
熊本地震などの被災地へ寄付いたします。

神戸の想い、咲かせたい。

活動報告 活動報告

活動報告

神戸どうぶつ王国

神戸どうぶつ王国

「117KOBEぼうさい委員会」のメンバーらが、神戸どうぶつ王国の協力の下、昨年に引き続き6月に園内の一角にて来園者の親子約60組と一緒に種をまき、8月ごろには約200本の大輪の花が咲きました。その後10月に来園者らとともに種を収穫しました

神戸空港島

神戸空港島

神戸空港海上アクセスターミナルの西側、約千平方㍍に6月、メンバーらで種をまき、約千本が花を咲かせました。畑の造成には関西タクト㈱、大栄環境グループにご協力いただきました。

兵庫県内のプロジェクト賛同校

兵庫県内のプロジェクト賛同校

今年、新たに県内の農業科、園芸科のある高校5校と、中学校1校が当プロジェクトにご賛同いただき、ひまわりを栽培してくれました。但馬農業高校では、20年以上放置されていた校内の農地を栽培に活用。5月、生徒や養父市内の小学生たちが種を植え、その後2㍍ほどに成長し、大輪の花を咲かせました。(=写真上。下は兵庫県立佐用高校)

兵庫県立但馬農業高等学校(農業クラブ)
兵庫県立佐用高等学校(農業科学科)
兵庫県立武庫荘総合高等学校(園芸部)
兵庫県立上郡高等学校(園芸科)
兵庫県立篠山東雲高等学校(地域農業科)
姫路市立神南中学校

神戸マラソンひまわり街道応援

神戸マラソン

11月19日に開かれた神戸マラソンでは、ランナー約2万人に、佐用町からご提供いただいたひまわりの種を配布。EXPOブースでも当プロジェクトの看板を設置し、ランナーへ企画趣旨を伝えました。
マラソン当日は、山陽電鉄東垂水駅前の沿道にて、大会に合わせて植えられ、愛らしく咲くひまわりの前で、117KOBEぼうさい委員会メンバーらが神戸野田高校の生徒とともにランナーに声援を送りました。

熊本日日新聞社(熊本県)

熊本日日新聞社(熊本県)

同社が展開する「くまもとエコモーションキャンペーン」の一環として、熊本県熊本市と益城町の小中学校、計12校へお呼び掛けいただき、ひまわりの栽培に取り組んでいただきました。
(写真上は全校を挙げて取り組んだ熊本市南区の川口小学校、下は緑化委員を中心に栽培に取り組んだ熊本市東区の西原小学校)

熊本城マラソン実行委員会(熊本県)

熊本城マラソン実行委員会(熊本県)

熊本市農業委員会や熊本県立熊本農業高校にお呼び掛けいただき、ひまわりの栽培に取り組んでいただきました。神戸マラソン実行委員会とパートナーシップ協定を結び、来年2月18日開催の熊本城マラソンのランナー約1万2千人に、佐用町からご提供いただいたひまわりの種を配布していただく予定です。
(写真上は満開のひまわりを描いたスケッチを手にする有明保育園の園児=熊本市西区、下は熊本地震の支援への感謝を込めて風船を放つ園児ら)

九州電力(福岡県)

九州電力(福岡県)

地元活性化の一環として福岡市中央区春吉地区で取り組みを開始してくれています。「晴好みらい一丁目カドフェス」において、販売及び抽選会景品用としてひまわり油を購入していただきました。

山形テレビ(山形県山形市)

山形テレビ(山形県山形市)

昨年に引き続き今年もひまわりを育てていただき、種を送っていただきました。写真は若手女子アナウンサーとキャラクター(みるるん星人)。

介護付有料老人ホーム ローズヴィラ水戸(茨城県水戸市)

介護付有料老人ホーム ローズヴィラ水戸(茨城県水戸市)

40粒の種から、中庭で大切に育て、2.3㎏の種を送っていただきました。

そのほか、全国のたくさんの方からご賛同、ご協力いただきました。
本当にありがとうございました。

お問い合わせ 神戸新聞社営業局企画推進部 078-362-7077