“みんな”のひまわりHeart! Project とは

ひまわり PORT OF KOBE 神戸新聞社本社・各支社・総局やお近くの神戸新聞販売店、神戸市役所4号館防災展示室などでひまわりの種を配布予走です。 神戸新聞社本社・各支社・総局やお近くの神戸新聞販売店、神戸市役所4号館防災展示室などでひまわりの種を配布予走です。 来年もこの花を咲かせてください

“みんな”のひまわりHeart! Project とは “みんな”のひまわりHeart! Project とは

「“みんな” のひまわりHeart! Project」は、阪神・淡路大震災の絶望的な状況で咲いた一輪の花に被災者が勇気づけられ、生きる希望を持てたという話から、ひまわりを復興の象徴として始まったプロジェクトです。

神戸新聞社は命、絆、災害への備えの大切さを広げようとこのプロジェクトを始めました。ひまわりの種
を神戸新聞社や神戸新聞販売店、また全国の広告協会を通じて配布し、各ご家庭や企業団体で栽培、
収穫した種を神戸新聞社へ送っていただきました。その種を“食用ひまわり油と”して販売し、
その収益と当紙面協賛金の一部を熊本地震の被災地へ寄付いたします。

神戸の想い、咲かせたい。

プロジェクト活動の流れ プロジェクト活動の流れ

畑づくり

畑づくり

神戸空港海上アクセスターミナルのひまわり畑。大きく育ち、たくさんのひまわりが咲きました。 株式会社 OMこうべ

空港島に土と肥料を提供させていただきました。
プロジェクトの土台を担うことができて大変光栄に思います。 大栄環境グループ

空港島ひまわり畑の造成のお手伝いをしました。「太陽のひまわりがみんなの心に咲きますように」 関西タクト株式会社

“プロジェクト” の種

“プロジェクト” の種

洲本市と佐用町からプロジェクトの種を提供いただきました。

淡路からお届けした種が花を咲かせ、種になって戻ってくるのが楽しみです。 洲本市

佐用町の住民の皆さんがまいた種が花を咲かせ、また種になり、佐用町の思いを託したひまわりが全国に広がっていくことを楽しみにしています。 佐用町

種まき

種まき

7 月の暑い日に神戸空港島の畑で大人も子どもも集まって種まきをしました。

「ひまわりの種まき、楽しかったよ。大きな花がいっぱい咲いてびっくり!」 楠本そら(4)

7 「がんばって種をまきました。たくさんひまわりが咲いてうれしいです。 豊田菜乃(4)

咲き始め

咲き始め

芝生広場に土を入れて畑を作るところから見ていました。暑い夏中交代で水をやっているところも見ていました。ベイシャトル利用者とも話題になりました。 神戸空港海上アクセスターミナル警備員 河原明

収穫前の状態

収穫前の状態

神戸どうぶつ王国のひまわり畑でもたくさんのひまわりが咲き、種を収穫しました。
みんなで咲かせたひまわりで復興に協力できたことを嬉しく思います。 神戸どうぶつ王国 蓬莱智也

収穫・乾燥

収穫・乾燥

ポートアイランドゴルフ倶楽部の温室も乾燥に使わせていただきました。

どうぶつ王国で収穫したたくさんの種からでも、油にすると少ないかも知れませんが、被災地へ心が届きますように。 117KOBEぼうさい委員会 岩本智子

被災地でも花を

被災地でも花を

神戸の皆さんの心のこもった種を保育園にまきました。夏には園児の顔と同じくらいのひまわりの花が咲きました。ありがとうございました。 熊本YMCA尾ヶ石保育園長 久保誠治(右)

ひまわりの成長が、熊本に住む皆様の心に寄り添うことができれば幸いです。 117KOBEぼうさい委員会前委員長 成田健吾(左)

多くの方々から、プロジェクトに賛同いただきました! 多くの方々から、プロジェクトに賛同いただきました!

上地結衣 選手(車いすテニスプレーヤー)

上地結衣 選手(車いすテニスプレーヤー)©avex challenged athletes

わたしの故郷兵庫県から、命、絆、災害への備えの大切さを広げようとする、全国のひまわりの力で、熊本のみなさんに笑顔が溢れますように。

齋藤富雄(兵庫県国際交流協会理事長)

齋藤富雄(兵庫県国際交流協会理事長)

一粒の種が、思いのこもった種が大輪の花を咲かせ、絆がひろがり支えあう。そう思ってこの絵を寄贈しました。

岐阜県立岐阜農林高校 流通科学科

岐阜県立岐阜農林高校 流通科学科 岐阜新聞社提供

作物部門専攻の2・3年生約30人で花壇に種をまき、交代で世話をして約120本咲きました。「被災地のみなさんが早く普通の生活を送れるようになってほしいです」

山本タク(劇団山本屋)

山本タク(劇団山本屋)

4月の演劇「午前5時47分の時計台」も関連事業でした。
人間は「忘れていく生き物」ですが、あたたかい心だけは忘れませんように。

五十川美智子(篠山市)

五十川美智子(篠山市)

神戸新聞販売店を通じて賛同いただき、花を咲かせて種子を届けてくれました。
「少しでも助けになれたら嬉しいです。」

掲載紙面 掲載紙面

画像をクリックするとPDFでご覧いただけます。

“みんな” のひまわりHeart! Project
神戸の想い咲かせたい
お問い合わせ 神戸新聞社営業局企画推進部 078-362-7077